知的資産経営

お客様に提供する価値の源泉
目に見えにくい強みを大切にしています。

 サトランスは、当社が持つ目に見えにくい強み・お客様にとっての価値の源泉を見える化し、お客様をはじめとした社外の方々に知って頂くため、また当社従業員が強みを認識し活かしてお客様により良いサービスをご提供するために、「知的資産経営」を実践しています。
「知的資産」とは、バランスシートに記載されている資産以外の無形の資産のことであり、企業における競争力の源泉である人材、技術、技能、知的財産(特許・ブランドなど)、組織力、経営理念、顧客とのネットワークなど、財務諸表には現れてこない、目に見えにくい経営資源の総称を意味します。この目に見えにくい経営資源、すなわち非財務情報を活用した価値創造活動(知的資産経営)を、債権者、株主、顧客、従業員といったステークホルダー(利害関係者)に対し読み物として報告するのが「知的資産経営報告書」です。
 当社の知的資産経営報告書には、大正11年当時の創業経緯、企業理念にある「安全」と「信頼」への思い、当社の強み・お客様の価値がわかりやすく述べられていますので、ぜひダウンロードしていただきご一読をお願い申し上げます。

サトランス知的資産の連鎖
サトランス知的資産経営報告書 PDFダウンロード